以前、ある小学校から、

4年生の子どもたちに、
仕事の話をしてほしい

という依頼を受けてお話しさせていただきました。

そのときの内容は、
とっても簡単にするとこんな感じです。

++++++++++++++++++

私は、お母さんたちのサポートをしています

みんなのお母さんは、命を削って、

みんなのお世話をしてくれています

みんなが生まれたときも、命をかけて産んでくれました

ところで「命」って何だろう?





とっても長生きをしている日野原先生という

有名なお医者さんがこうおっしゃっています。



命とは、時間のこと。




いつか死んじゃうんだけれど、それまで使える

時間のこと。それが、命。


みんなは、自分の命、自分の時間、

どんなふうに使ってる?



きっと、ほとんどの時間を

自分のために使っている。

クラスの人のため、家族のために、

ちょっとずつ使えるようになっているかな。


今は、それでいい。


大人になるにつれて、

自分のためだけじゃなくて、

他の人のために、時間を使うようになります。

仕事をする時間もそうです。



お母さんは、

みんなのために、時間を使ってくれています。

ご飯を作ったり、洗濯物をしたり、

お仕事をしたり。


もちろん、お父さんもそうです。


みんなのために、命を使っています。

誰かのために、時間を使えることが、

幸せだなって思えてくるんです。


「時間をどう使うか」ということは、

命をどう使うかということ。


「時間を無駄にする」ということは、

命を無駄にするということ。



今日、これからの時間。どう使おうか。


++++++++++++++++++


だいぶはしょってますが、

こんな話でした。


子育てしていると、

自分の時間がないって思います。

自分のためだけに使う時間は、確かに少ない。

ものすっごく少なくて、ほぼゼロっていう時期もあって、

1人になる時間もなくて、

トイレすら、ドアを開けたまま入ったりして。


今思えば、その子育ての時間も、

大切な「自分の時間」と言えるのだけれど。


6月7日に富士宮市で、こんなイベントがあります。

お母さんのための座談会

Umidas cafe~子連れお話会~!
来月のテーマは『頑張りママのための自分時間の作り方』

●日にち:2016年6月7日(火) 
●時 間:10:00~12:00(9:45~受付)
●場 所:富士宮市文化会館 和室(2F)
●参加費:500円
●定 員:15名
●お申し込み:
  https://ssl.form-mailer.jp/fms/dc03222f257989


こういうところに行く時間も、自分のための時間。

こういうことに時間を使うことで、

自分だけじゃなくて、家族もHappyになれるはず

6月18日(土)も、ご自分のために、家族のために、

あたたかい時間を過ごしませんか。 

 自分と子どもの「今」を大切にラブラブ


~親から子への想いをカタチに~  
「たすき帖」販売中  
ご出産のお祝いにも多くご利用頂いています 
ご購入はこちら