以前、教育畑にいる高校の同級生が
たすき帖に共感してくれて、

子どもたち、いや大人も
コミュニケーション能力の低下が
叫ばれるようになった頃から
学校現場では、
「伝える力」
というワードがあちこちで
聞かれるようになっている

教える→学ぶから、
伝える→応えるという関係に、
もう一度教育場を戻す
必要があるではなないか
と思う。 

「伝える→応える」
という中では、
信頼というものが交換される。
「たすき帖」もこのような想いが
根底にあるような気がする

このようなことを
感じていると伝えてくれました。

そして、この写真の



という著書の、

信頼の根-伝えるということ

という章の一文を引用してくれました。





伝えること、

信頼関係を築くこと、

それによる安心感があること、


こんなことが、
自己肯定感を育むということに
関係するのだろうと思うのです。


それは、親子関係において
育むことができるもの。


そんな思いもあって、

たすき帖を作りました。

ぜひ、お子さまがいる方は

書いてみてください。

私は本来、伝えベタです。
でも、伝えることの
大切さを知りました。

普段、口で伝えられていない方、

相手に届いているかわからない方、

明日生きている可能性が100%じゃない方には、

心からこれをオススメします。


自分と子どもの「今」を大切に
 ~親から子への想いをカタチに~  

「たすき帖」販売中  
ご出産のお祝いにも多くご利用頂いています 
お買い求めはこちら

 

image