マムズウェイ イメージ画像

たすき帖

富士宮市での「たすき帖贈呈」に関して、岳南朝日新聞と、富士ニュースにも掲載されました。(2017年2月16日付け富士ニュース)対象の方は、2016年4月以降に子どもが生まれたご家庭。母子手帳をお持ちになって、富士宮市役所子ども未来課にいらしてください。 たすき帖のご
『【新聞掲載】岳南朝日新聞&富士ニュース』の画像

2月8日の静岡新聞と岳陽新聞に掲載されたとおり、静岡県富士宮市で、子どもが生まれた家庭に、たすき帖が贈呈され始めました。静岡新聞のサイト記事はこちら⇒http://www.at-s.com/news/article/local/east/326893.html同市の子育て支援のプロジェクトの一環で、20歳までの
『【新聞掲載】富士宮市でたすき帖が配布され始めました』の画像

新潟県のたすき帖講座ファシリテーター、大崎ゆうきさんが、たすき帖お話会を開催して下さいました。たすき帖を持ってはいるものの、自由に書けるからこそ、何を書いていいかよくわからない…という方もいらっしゃり、こういうお話会や講座に参加して下さることで、書くきっ

Facebookの振返り機能で、 3年前の投稿が出てきました。たすき帖ことはじめ講座@第一建設(沼津市) そのとき参加して下さった方々のご感想を改めてシェアさせていただきます♪ :::::::::::::::: 育児日誌や自分の日記など いろいろある「記録」の中
『3年前のたすき帖講座の様子(動画あり)』の画像

夜と霧 新版ふと目にとまったこの本をいまさらながら、読んでいます。ヒトラーの時代のあの強制収容所から生還を果たしたユダヤ人の精神科医、ヴィクトール・フランクルの著。この本の中で、男ばかり集められた収容所の中で妻や家族を思って会話した時の心の状態が記されてい
『子どもの心に何を残したいですか?』の画像

↑このページのトップヘ