マムズウェイ イメージ画像

エンディングノート

夜と霧 新版ふと目にとまったこの本をいまさらながら、読んでいます。ヒトラーの時代のあの強制収容所から生還を果たしたユダヤ人の精神科医、ヴィクトール・フランクルの著。この本の中で、男ばかり集められた収容所の中で妻や家族を思って会話した時の心の状態が記されてい
『子どもの心に何を残したいですか?』の画像

自分が死んだ後には、たぶん 後悔できないだろうけど、 (死んだ後のことはわからないけどね)   大切な誰かが亡くなったときには   もっと話しておけばよかった もっと話を聞いておけばよかった もっと会いにいけばよかった もっとハグすればよかった   と後
『『知っておいてほしいこと』』の画像

↑このページのトップヘ