夜と霧 新版ふと目にとまったこの本をいまさらながら、読んでいます。ヒトラーの時代のあの強制収容所から生還を果たしたユダヤ人の精神科医、ヴィクトール・フランクルの著。この本の中で、男ばかり集められた収容所の中で妻や家族を思って会話した時の心の状態が記されてい